サカタのタネ

採用情報

平成29(2017)年度 勤務条件

勤務地
  • 本社(横浜市)および国内・海外各事業所
勤務時間
  • 9:00~17:35 実働7時間35分 年間1,834時間
※小売店舗、研究農場などで季節により時間帯の変更があります。
休日
  • 年間122日 完全週休2日制(土、日)、祝日、夏季休日、年末年始休日
※小売店舗では、土曜・日曜日以外の曜日を休日としています。
休暇
  • 年次有給休暇 入社年10日、次年度11日
  • 以降労働基準法に基づく日数を加算
  • 最高20日(失効有給休暇積立保存制度あり)
  • 慶弔休暇
初任給
平成28(2016)年度実績
  • 大学院卒(博士)250,500円
  • 大学院卒(修士)228,200円
  • 大卒207,300円
  • 短大・専門学校卒179,800円

新卒採用 採用までの流れ

ご応募から、採用までの流れをご案内します。
現時点での予定であり、変更する場合がありますのでご了承ください。

■研究・技術系
■営業・事務系
■短大・専門学校生
エントリーされた方には改めてご案内いたします

平成30(2018)年度 新卒募集要項

サカタのタネにご興味をお持ちいただいてありがとうございます。
平成30(2018)年3月卒業予定の皆様からのエントリーをスタートします。
エントリーされた方には、おって応募方法のご案内をさせていただきます。

応募資格 平成30(2018)年3月
大学院(博士・修士)、大学、短大、専門学校を卒業見込みの者
募集学科 研究・
技術系
農・園芸・生物関連学科など
営業・
事務系
全学部・全学科
採用実績校大学院・
大学
北海道大学、岩手大学、東北大学、宇都宮大学、茨城大学、宮城大学、埼玉大学、東京大学、東京農工大学、一橋大学、千葉大学、筑波大学、横浜国立大学、横浜市立大学、信州大学、静岡大学、名古屋大学、岐阜大学、三重大学、滋賀県立大学、京都大学、京都府立大学、大阪府立大学、神戸大学、岡山大学、広島大学、鳥取大学、愛媛大学、九州大学、宮崎大学、鹿児島大学、早稲田大学、慶應義塾大学、国際基督教大学、中央大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、東京農業大学、玉川大学、日本大学、近畿大学、帯広畜産大学、お茶の水女子大学、他全国の国公私立大
短大・
専門学校
青山学院女子短大、東京農大短大、湘北短大、日本大学短大、実践女子短大、共立女子短大、大妻女子短大、岩崎学園、大原簿記法律専門学校他
職種 研究・
技術系
  • 研究開発(花育種、野菜育種、植物病理、植物育種工学)
  • 種子生産管理
  • 種子加工・開発・精選
  • 種子品質管理・検査
  • 物流管理
営業・
事務系
  • 営業(国内・海外)
  • 販売(ガーデンセンター)
  • 情報システム管理
  • 広報宣伝
  • 総務・経理・法務・その他各部門事務

よくあるご質問

学生の皆さまからお寄せいただく、よくあるご質問にお答えします。
質問項目(「Q」)をクリックすると、回答(「A」)が表示されます。

Q文系が活躍できる場はありますか?
Aもちろんあります! 管理部門や営業部門で文系出身の者が活躍しております。営業については入社後の研修で必要な知識を身につけることができるので心配ありません。
Q理系でも営業・事務系職種への応募は可能ですか?
Aもちろん可能です。特に営業部門では学生時代に学んだ知識を生かすことが出来る場合もありますので積極的にご応募ください。
Q外国人留学生でも応募できますか?
A応募可能です。ただし、日本人学生と同じフロー・基準で選考いたします。
Q研究職には大学院卒でないと配属されませんか?
Aいいえ、研究部門に配属される社員のうち大学院卒と大学卒の割合は1:1ぐらいです。研究開発部門や品質管理部門でたくさんの大学卒社員が活躍しております。
Q入社後はどのような研修を行うのですか?
A入社後1週間ほどの全体研修を行った後、大学院卒・大学卒の方は、研究農場、ガーデンセンター横浜、物流センターにおいて研修を行います。その後、配属先に応じて研究農場などで研修が続きます。
Q希望した職種に配属されますか?
A必ずしも希望通りの職種に配属されるわけではありません。ただ、当社の採用試験は研究・技術系と営業・事務系で分かれており、選ばれた系統の中で面接時や新入社員研修で適正を判断して入社後の配属を決定いたします。
Q入社後の異動はありますか?
A本人の適性や全社的な人員配置などを考慮したうえで、臨機応変に異動を行います。その際は入社時の系統以外の部門に異動することももちろんあります。また、当社では入社後、半年に1度、上司との面談があり、その際に希望する職種などについて話をすることができます。
Q採用にあたって語学力は必要ですか?
Aサカタのタネはグローバルに事業を展開しておりますので、語学力はひとつのアピールポイントになり得ますが、合否には関係ありません。あくまで人物本位の採用となります。
入社してから、社内の通信教育、語学学校通学補助制度などを利用して語学力を高めることができます。
Q育児休業について教えてください。
Aサカタのタネでは子どもが1歳(特別な事情がある場合には1歳6か月)に達するまでの間休業できる育児休業制度があります。これに加えて子どもが3歳に達するまでの育児短時間勤務制度もあります。これらの制度によって社員の仕事と育児の両立を支援しています。

ページトップへ▲

Copyright (C) SAKATA SEED CORPORATION All Rights Reserved.